ウォーターサーバーで美味しい水を!

最近になってウォーターサーバーが大流行しています。 東日本大震災などの影響もあって、水の安全性が問われ始めているとともに、私たちの生活に密接に関係しているものだからこそ、味にも興味が注がれているのです。

水は一見したところでは「無味無臭」の飲み物ですが、実は種類があって味も違います。

例えば、日本の水は水道水も含めて「軟水」という分類がなされており、ヨーロッパなどの水は「硬水」と言われています。 この他にもpH値や含有成分などは地域などによって大きく異なるのです。

ウォーターサーバーの魅力は、私たち日本人が美味しいと感じる水を手軽に注文できるというところにあります。

例えば、放射線の影響を不安に感じて海外産の水を飲みたいと思ったとしましょう。 今迄の考え方からすれば、飲み水というのは毎日一定量以上必要になるわけですから、毎日重いペットボトルをスーパーやコンビニエンスストアまで買いにいかなくてはいけません。

しかし、ウォーターサーバーを家に置いておくことが出来れば宅配サービスで玄関まで水を持ってきてもらえるのです。 重たいペットボトルを何本もせっせと運ぶ必要がありません。

さらに、ウォーターサーバーのメリットはこれだけにとどまりません。

コストパーフォーマンスが高いので、ペットボトルの水を購入するよりも安価に済むのです。 たかが水といっても、毎日買って来れば家計に大きな影響を与えるということは想像しやすいかと思います。

メーカーにもよりますが、ウォーターサーバーは500mlペットボトルを購入した場合に比べて三分の一程度のコストで済んでしまいます。 これだけのメリットがあるからこそ、高く評価されてきているのです。

ちなみに、ウォーターサーバーの種類は多岐にわたり様々な選択肢のなかから一つを選ぶことになるでしょう。 大きさも卓上におけるものから、部屋の片隅に設置するタイプまで様々ですし、熱湯を用意できるものか、そうでないかなどの選択肢もあります。 自分の生活にあわせて選ぶようにするのが理想的です。

また、水そのものの種類も選ばなければいけません。

大きく分けると水は軟水と硬水にわけられますが、硬水は日本人の口にはあわないと言われているので殆どのメーカーで軟水が扱われています。 さらに、そのなかにも「純水」「ミネラルウォーター」などの基準があるので自分にあったものを選びましょう。

ちなみに、ミネラルウォーターはその名の通り「ミネラル」という栄養分に富んだもので純水は余計な成分が入っていない混じりっ気なしの水を指します。