法人向けのウォーターサーバーとは

冷水が気軽に飲めることでウォーターサーバーを設置する家庭が増えていますが、同じように企業のオフィスにも設置されることが多くなっています。
法人向けで考えると、メーカーや機種も特殊なものがあるように思いますが、家庭用のサーバーでもオフィスに対応させることが可能です。
家庭用と法人向けとの違いがどこにあるのかと言えば、ボトルの使用量の違いにあると言えます。
一般家庭では家族が多くても絶対的な人数には限りがありますが、オフィスで使うとなれば大人数の量を確保する必要があるのです。
私の会社のオフィスにもウォーターサーバーがありますが、特殊なサーバーではなく家庭用の冷水と温水に対応したものを設置しています。
導入した当初は全く経験がなかったため、替えボトルの存在を気にすることはなかったのですが、あっという間にボトルもタンクも空になってしまった経験があります。
契約時には1週間に一回、2本のボトルを補充する内容となっていたのが原因だったのですが、契約時に特に指定しない場合は、ボトルの補充も家庭で使用する場合と同じサイクルとなっているようです。
もちろん取扱業者によっては契約内容もボトルの本数も異なるものですので、オフィス内で使う場合には特に注意する必要があると思います。
その後ボトル補充の本数と期間のサイクルを変更していただいたので、現在では空になって飲めなくなることは無くなりましたが、それでも真夏日が続くと減りが早くてサイクル外でも補充をお願いすることがあります。
業者によって対応が異なるのは当然だと思いますが、急な要望にも比較的柔軟に対応していれますので、家庭用のサーバーを法人向けで使用することには特に問題は無いと思います。
実際に飲んで見ての感想では、柔らかく飲みやすい感じが強く非常に美味しいと思います。
社内でも皆口を揃えて便利で美味しいと言いますが、ボトルの減り具合を見れば美味しいと言う事実も納得できる状態です。
自宅に帰って水道水を冷やして飲んでも、明らかに美味しさの違いが分かりますので、正直な感想では自宅にも設置したいと思うようになりました。
私のオフィスでは、夏場の気温の高い時期だけの契約でウォーターサーバーを設置していますが、温水にも対応しているので、できれば年中設置して欲しいと思っています。
ポットのお湯が無くなっても、若干温度は低くなりますが急な来客にも対応できるため非常に便利だと感じています。
法人向けで使う場合のメリットとしては、設置するまでは各自ペットボトルを持参していたのですが、人数が多いためにごみの量が多くなることが悩みの種でした。
オフィスでの環境を考えれば、ビルの上階にある場合はごみを捨てることも大変ですが、ウォーターサーバーを設置してからはペットボトルのごみの量が激減しましたので、ごみの量を減らし環境負荷の低減にも貢献できていると思います。
家庭用のサーバーをオフィスで利用する際には、ボトルの本数や補充サイクルにさえ注意していれば、不自由なく使うことができます。
法人向けに使用されているウォーターサーバーは料金が割高となる場合もありますので、特に問題が無い場合には家庭用のサーバーでも十分に使用することが可能です。