お茶にもピッタリのウォーターサーバー

ウォーターサーバーを注文することで得られる最大のメリットといえば、いつでお美味しい水が飲めるようになるということ。 さらに、重いペットボトルを買いに行かずに済むということから、利便性もグンとアップすると言えるでしょう。

ウォーターサーバーによっては、水を冷やしたり温めたりする機能がついているので、思い立ったときにすぐに使えるということも大きなメリットです。

熱湯をすぐに使えるということは、お茶を飲むのも簡単になるということ。 珈琲や紅茶、緑茶を飲む人にとってはかなり大きな魅力になるかと思います。

そもそも緑茶はグルタミン酸や奄美の成分のひとつであるテアニンといった物質を含んでおり、若葉の爽やかな香りを残すので非常にデリケートなものです。 この微妙な味わいと香りはふさわしい水を使わないと「本当の美味しさ」を引き出すことができません。

都会の水道水に使用されている塩素や、水道管の鉄サビ、カビ臭が緑茶の美味しさを打ち消してしまうということもあるのです。 お茶の繊細な味と香りを活かすためにふさわしい水は、軟水のミネラルウォーターだと言われています。 ミネラルウォーターでも硬度が高いとお茶に含まれているタンニンという物質がうまく抽出できないからです。

そして、硬度と同じくらい大切だと言われているのがお茶の温度で、沸騰したままの水というよりも、80℃前後の温度が適切だと言われています。 ウォーターサーバーで給水される熱湯は沸騰しているものではありませんから、多くの場合で適切な温度で使用できます。 そのため、お茶を美味しく飲むためにもウォーターサーバーのミネラルウォーターは非常に便利な存在なのです。

また、緑茶と同様に紅茶についても水の硬度は非常に重要な要素として挙げられるでしょう。 使用する茶葉によって適切な硬度は左右されますが、多くの場合で軟水がベストだと考えられます。

紅茶の王様とも言われているダージリンの魅力はマスカットフレーバーといわれる独特の香りですが、この香りを引き立てるためには、やはり軟水がベストです。 特に硬度は100以下のものが最適だと言われており、それ以上の硬度のものだと香りが打ち消されてしまうと考えられるのです。

また、セイロンティーの場合はさらに硬度に敏感になると考えられています。 これもダージリンと同様に軟水が最適なのですが、硬度が200以上のもので淹れると苦味があまりに強調されてしまうのでオススメできません。

お茶を楽しむという目的でも、ウォーターサーバーのおいしい水は役に立ってくれるのです。