ウォーターサーバーには薬効がある?

欧米化した食生活
ストレス社会
交通網が発達し日常生活で歩くことの少なくなった現代
PC・テレビ・携帯電話が当たり前になり電磁波を浴び続けている社会
そして大気汚染など、現代は様々な不健康要因が存在しており、
生活習慣病と呼ばれる日々の積み重ねによって引き起こされる病気もたくさん存在しています。

生活習慣病の代表的な例としては、
ガン
脳卒中
脂質異常症
高血圧
糖尿病
などがありますが、日頃の生活で健康を心掛けて行動すれば予防できるものです。

最近では、生活習慣病への注意が呼びかけられていることもあってか、
健康を意識する人が増え、病気予防効果のある青汁や高麗人参などの健康食品の人気も非常に高まっています。

人気となっている健康食品ももちろん効果的ですが、
もっと身近で毎日すでに摂取している物を変えることでも病気予防は可能になります。
それが『水』です。


実は、水というのはわたしたち人間に対して様々な効果をもたらすのです。

例えば、
眠気を覚ますための興奮剤
気持ちを静めてリラックスするための鎮静剤
消化吸収を促進するための強壮剤
老廃物を排泄するための利尿剤
有害物質を吐き出す吐剤
便通を促進する下剤
有害物質を薄める希釈剤
熱を下げる解熱剤
胃腸を刺激する食欲促進剤
血管に作用する老化防止剤
生活習慣病全般の病気予防剤
などの作用が挙げられます。

水は毎日何気なく飲んでいて、尚且つなくてはならない物です。
カロリーもないので栄養分が含有されていることを認識していない方もいるかと思います。

しかし、水にはマグネシウムやカリウム、ナトリウムなどのミネラルが含まれているのです。

水のいわば薬の様な作用は、毎日十分な量の水の摂取を心掛けることで病気予防にもつながります。
特に、コレステロールや中性脂肪などのやっかいな物を薄める作用がありますので、動脈硬化や高血圧といった血管の病気予防に最適です。

水を充分に摂取することで血液はさらさらになり、血液循環も良くなり新陳代謝も向上しますので、糖尿病や肝臓病、腎臓病、脳卒中、心臓病予防にも効果を発揮します。
細胞に水分を蓄えて若々しく保つこともできるので、ガン予防にも役立ちます。

水分をたくさん取るとトイレの回数が増えて頻尿になると心配する方もいますが、トイレには沢山行きましょう。
水分を摂取して、老廃物をこまめにせっせと排出することは健康に非常に良いことです。

注意したいのは、水の種類です。

最も身近な水道水には残留塩素やトリハロメタンという発がん性物質が含まれているので、毎日毎日摂取を続けたときの影響には不安が残ります。
健康を気遣うのであれば、やはりミネラルウォーターなどの安全な水を摂取することをおすすめします。

最近では、自宅でいつでも安全でおいしい水が摂取できるように、安価でウォーターサーバーを利用することが出来るようになりました。
家族の人数や使用目的によっても変わりますが、水は必要なときに宅配してもらえるのでペットボトルのミネラルウォーターをスパーに買いに行く手間もありません。

価格も安いので、健康や美容のために飲用にはウォーターサーバーを使用するのが主流になりつつあります。