水道水はまずい?

今でこそ知っている人は少ないかもしれませんが、一昔前まで「鉄管ビール」という言葉がありました。 これは、真夏の炎天下に汗を流している運動部員が休憩中に水道の蛇口から直接水を飲んで「美味い!これこそ鉄管から湧き出るビールだ!」と言ったことが始まりなのだとか。

しかし、現在となっては喉が渇いても水道の蛇口に口をつけて飲む人は激減しています。 ペットボトルに入ったお茶やミネラルウォーターをはじめ、ウォーターサーバーなどの水を飲んで乾きを潤すのが一般的です。

水道水をそのまま飲むことに抵抗を感じて、ペットボトルやウォーターサーバーなどの水を飲むというのが現代人のライフスタイルになりつつあります。 では、どうして水道水は飲まれないようになってしまったのでしょうか?

その原因として考えられるのは「味のまずさ」や「不快な臭い」などです。

このように基本的には風味などに関しての不満を挙げる人が多いと考えられます。 安全でおいしい水を給水するのが水道の役割のはずなのに、なぜ、その条件が満たされなくなってしまったのでしょうか?

まず、1970年の頃から水道水は、カビ臭い、生臭いといった評判を受け始めるようになります。 こういった苦情が関西の琵琶湖や関東の霞ヶ浦などの水源で発生して、その後に全国的に広がるようになってしまったのです。

水道水の異臭味問題として、その原因の究明と対策に水道関係者は追われることになりました。 実は、カビ臭や生ぐさい臭いなどは、植物性プランクトンや微生物の異常発生によって生じる臭いが主な原因でした。 具体的には、カビの臭いの原因となる物質を作るのは藻類と放線菌類の一部だったのです。

また、生臭い臭いの原因は、黄金藻類の仲間のプランクトンと特定されました。

現在では、こういった問題はほとんど無くなってきてはいますが、従来の浄水処理の方法では微量に含まれていたものは、なかなか取り除くことが出来ません。 そういった理由からウォーターサーバーの味と安全性は信頼されているのです。

さらに、最近では水道水の汚染を防ぐためにカルキを使用するのが一般的になってきていますが、カルキのニオイも意外に強烈だと感じる人もいるようです。 特に、地方から都会に出てきた人は、水道の水を飲んでまず「カルキ臭」を感じるはず。

これは水系伝染病である病原性大腸菌や腸チフス菌、赤痢菌、コレラなどの病原菌を殺す目的で使われている塩素です。

必要不可欠なものであるとはいえ、日頃から飲料として飲むものは「美味しい水」を選びたいもの。 そんな方には、ウォーターサーバーの高品質で低価格な水がオススメでしょう。